その他

美女と野球 あらすじと感想

『 美女と野球 』。

悪ふざけみたいなタイトルですが、中身も悪ふざけみたいなエッセイ本です。

だって書いている人が、そもそも悪ふざけ大好きみたいな人ですからね。
今回ご紹介する本の作者は、今や俳優としても活躍している『 リリー・フランキー 』さんでございます。


このおっさん、いい感じで渋くって好きなんですよね。
小生がこの人を知ったのは、フジテレビがまだ面白いバラエティ番組を量産していたころ。

ココリコミラクルタイプってバラエティ番組があったんですが、そこでひとことぼやくエロ~いダンディなおっさんが、この人だったのを良く覚えています。


それではリリー・フランキーの初のエッセイ集となるはずだった( ”はず”という理由は後で分かるよ! )、美女と野球についてご紹介していきましょう。




  美女と野球 について 

baseball-field-828713_640


タイトルは美女と野球となっていますが、別に野球のことなんてほとんど書いちゃあいない。

書いてあるのは、やれ女だ、やれ糞だ、やれ包茎だと下ネタ方面がかなり濃厚!

今でこそ、いろんなドラマや映画、NHKなんかに出演してらっしゃるリリー・フランキーさんですが、うん、やっぱりココリコミラクルタイプのころから変わってない変態親父だ。


ただ文章はかなり読ませるし、面白い。
笑えるエッセイ本なんですが「 クスリ 」ではなく「 コイツ馬鹿だ! 」って方の”笑える”ですね。


ちなみに、この本はリリー・フランキーさんのデビュー作になるはずだったのらしいのですが、めんどくさがりなその性格のせいで( 本人は愚鈍な性格と言っているけれど )なんと、3冊目にして出版される自体に。


やっぱり芸能に関わるヒトって、どっかぶっ飛んでいるもんなんでしょうかね?



 3行でわかる 美女と野球 

とにかく俺は犬がスキだ。それからエロいことがスキだ。仕事の関係でいろいろ変な奴にもあうし、女とヤリタイ放題もやってる!それでいいじゃないか!それが人生ってやつだろう?それとオタクをバカにすんじゃねぇ!

エッセイなんでストーリーも糞もないので、こんな感じだという触りだけ。

いろいろなことに文句を言うというよりは「 俺はこう思ったぜ!ロックンロール! 」みたいに言いたいことを言いたい放題言っている、過激な本で有るということがわかっていただけたらなによりです。

出版された年が1998年、世紀末ということでずいぶんと昔を思い出させてくれる内容になっていますが、なんというか人間の営みってやつは対して変わらねぇんだなぁと。
 

 ちゃんとした あらすじ 

だらしないサービス精神と中途半端な正義感。

見た目ほど口が回るわけでもなく、言いたいことはハッキリ言わないけれど、それでも書かなきゃいけないのが渡世人の辛い所。

ま、僕渡世人じゃないけどね。


ある時は司会の仕事をして( リリー・ママンキーにタクシードをダンボールいっぱい送ってもらったから )。


ある時は本職風のおっさんとフィリピンパブの女性たちと戯れ。


ある時はひきこもりの双子に「 で、君オ○ニーとかするの? 」とか聞いちゃう常識では計り知れない男が、このリリー・フランキーなのである。


学生時代は先輩に女子のブルマを盗まされたり、友だち同士で○ン毛を見せ合い、毎日友だちの○ン毛発育状況を確認したりとまぁとにかくハチャメチャな男なのである。

そんな男が自分勝手に、社会に刺身包丁を突き刺すかのように自分勝手に語るエッセイが面白く無いわけがない!

エログロナンセンスな昭和の香りがするエッセイ、それが『 美女と野球 』なのだ。

 

 作品感想 

ここまで下品なエッセイも珍しいね、というのが本書の感想。

うん、まぁ、なんていうかコメントに困る内容が多くてホント困るw


中には「 オカンがガンになった 」とか深刻な話もあるんですが、そこらへんも軽快というよりは、おふざけ満載な語り口で語られているから疲れずに読めるし、不思議なんだけど元気になれる!

あーこういうアホな考え方もあるのかーって思わせてくれるし、チョイチョイキツ目のボールも放って来るんだけど、それも抵抗なく読ませてくれるのはスゴイと思ったね、うん、この人みたいな文章を書きたいとも思った。

特に小生が気に入っているのはアイドルオタクとアイドルとの関係を書いた「 アミーゴたちと走った日々 」って話で、一昔前のアイドルブームにどっぷりハマったオタクたちのお話だったけれど、なんつーかオタクのプライドみたいなもんを感じたアツイ話だった。


この本で語られるアイドルオタクたちは、アイドルに対して情熱を持っていたし、かなり迷惑なこともやっていたけれど、アイドル音楽に対しては一生懸命な奴も多かった、らしい。



一昔前のアイドルオタクたちは、人生のそのほとんどをアイドルにつぎ込み、自分の人生なんてものはおまけにしか過ぎないような生活を送っていた!……らしい。

どこまで本当なのかはらないけれど、この話はとても印象深く小生の中で残っている。

そういやオタクって気持ち悪がられたけど、それでも知識だけは凄かったよな~ってこの話を読んで古き悪き、今も悪きオタクたちのことを思い出してしまった( かくいう小生もオタクだが )。


 

 グッときた一言 

ボクもなまじ常識があるためになんで側で苦労することが多く、いつかは”そーなんだから側”に行きたいと思っているのだが、先日、前述の編集長に「コスモポリタンの時代だよな」と言われ、また「なんで!?」と答えてしまったのでした。

世の中、生きていると何かしら「 なんで!? 」と聞き返してしまいたいことが多々ある。

うちら、フリーライターの仕事なんて「 なんで!? 」と言ったが最後「 あ、別に仕事しなくてもいいからね? 」と言われかねない弱い立場で、とにかく相手に同意して「 そーですねー 」とか「 わかりましたー 」と言うしかないわけであります。

ただ、こう仕事をふる側は楽なものこっちが「 なんで!? 」と思っても「 そーなんだからしょーがないじゃん 」で済まされてしまう、うぅ、気楽に言ってくれるよ、全く。


まぁこういうのって日本人社会に多い!

上司に「 ○○だからやっといて 」とか「 残業代でないから 」とか言われても「 なんで!? 」と聞くのはどーしてもハバカラれてしまうのが悔しい!

できれば小生だって気楽に「 そーなんだからしょーがないじゃん 」側に回りたいんだけど、こればっかしは金と権力がないと無理。

小生もいずれは気持ちよさそうな革張りの椅子に座り、いたいけのない女子OLとかに偉そうにふんぞり返って「 そーなんだからしょーがないじゃん 」と言ってあれやこれや無理難題を押し付ける側になりたい!

一生無理だろうけど……。

 

 あなたも読んでみませんか? 
下品すぎるエッセイだったけど、なんかそこがツボる。

歯に衣着せぬどころの話じゃなく、ナイフにガソリンつけて火を燃やす的なとにかくやたらに斬りかかるスタイルは嫌いじゃないぜ!

一応常識の範囲内で、いろいろと書かれてはいるけれど1990年代の日本っていろいろヤバイ人も多かったという事実が如実に書かれているのは結構面白かった。

昔はいたんでしょうね、外国のお姉さん連れ回して金稼いでた下品な野郎が。

今ほどじゃないけど、ヤのつく職業の人も生きやすかったんだろうね、この時代は。

マナーとか、人に対する思いやりとか、今の若い子はないって言うけど、この年代のオッサンも体外やろう。


今でこそ団塊世代がのマナーとかが問題になっているけれど、昔のおっさんにマナーとかそんなのはほとんどなく、今昭和だ明治だ開国だと「 昔の人はこんなに凄かったんだよ~! 」ってポジティブキャンペーンやってるけどそんなわけあるかい!

昔の方が人が優しかったって言うのも嘘で、昔はおおらかだったというのも嘘。

だいたいオタクが気持ち悪いから、ってイジメの対象になってる時点でお察しってもん。

そういう美化されていない昭和史のエグいところが書かれているのが、このエッセイの面白いところだ。


まだ携帯電話もインターネットもない時代で、如何にして裏街道をひた走る普通のサラリーマンではないおっさんたちは生き、如何にして生き残っていたのか、その歴史を垣間見たいという方は読んでみるといいかもよ?

 作者について 

リリー・フランキー
日本のマルチタレントで何やっているのかよく分かんないオッサン。
母親との半生を綴った、自身初の長編小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』が大ヒット。

主な著書に『 女子の生きざま 』『 おでんくん 』などがある。

 関連商品 






 

 

ダンジョン飯 あらすじと感想

ども、突然ですがみなさん美味しいものは食べていますか?

小生は母親がメシマズだったおかげで、自分で料理をすることを覚え料理はプロ並みの腕前があります。

豚バラブロックを買ってきてチャーシューにしたり。
豚バラを加工してハムや燻製にしたりと金がないなりにお料理生活を楽しんでおります。


料理をしない人からすると、スゴイことかも知れませんが慣れてしまえば意外となんとかなるものです。


やっぱり人間たるもの食事は大事です。
それにどうせ食べるんだったら美味しいものが良いですよね?


それは世界が変わっても同じ!

特に生と死の間で生きている「 ダンジョン 」で戦う冒険者たちにとって栄養補給は重要。


そんなリアル(?)を追求したマンガが今回ご紹介する『 ダンジョン飯 』です。


  ダンジョン飯 について 

cave-690348_640

ご紹介する『 ダンジョン飯 』の世界はモンスターやエルフ、ドワーフなどが登場する剣と魔法の世界。

古典ファンタジーの匂いがする作品です。

さて、ゆうきゆう先生の『 ゆうきゆうのスーパーリアルRPG 』に比べると夢がある方のリアルな冒険ものお話ですが、ここでちょっと実際にダンジョンに冒険するということを考えてみましょう。

藤岡弘、隊長よろしく冒険に出るわけですが、未知の世界に挑むのですから危険がいっぱい。

ダンジョン飯の世界でもダンジョンを攻略出来ずにたくさんの死人がでています。

魔法で生き返るけどね。


死人が魔法で生き返るのは置いといて、実際に未開の地へ冒険に行くということはかなりリスクを伴う行為です。


まず疫病やケガなどの備えはもちろんのこと、道中の食事や飲み物、着替えやテントなどもきちん整備しておかなければなりません!


それらを用意するのだって、ダタじゃないからお金がかかるし。
仲間を集めるのだって金がかかる。

人件費とかを差し引いて考えるなら、ダンジョン攻略でかなりのリターンが期待できなければ冒険は成功しない。


これは過去の大航海時代にも言えることですね。


まぁ、さすがにこういった”冒険にかかるコスト”まで考えだすとげんなりしてしまいますが、とかく冒険は金がかかる。

当然のことながら冒険者の食事はケチれない!

だってヘタをすると、そのグループの士気にまで関わるからです。

そういった意味でも食事って本当に大切。
疲労回復とか衛生的なことを考えたら、やっぱり栄養も取らなきゃね。


そういうRPGなどで見落とされがちな冒険者達の食事に焦点を当てたのが、このダンジョン飯というマンガです。

実際には実現不可能なダンジョン飯がいっぱい出てくるのも見どころです!

 3行でわかる ダンジョン飯 

妹がドラゴンに食べられてしまった!とりあえず逃げて体制を整えなければ……
でも急がないと妹を復活させることができない!でも、ダンジョンに行くには金がかかる。そうだ!お金を節約するためにモンスターを食べよう→モンスター(゚д゚)ウマー


そうなんです。

なんと妹が食べられてしまったんです。

ドラゴンに食べられた妹を助けるなんて無理そうな話ですが、ダンジョン飯の世界では切り刻まれた人間さえも復活することができるらしく( さすがにフンになった奴は無理らしいけど )。

まだお腹の中にいる妹を助け出すために兄がダンジョンへ行くというお話。

先述したとおり、ダンジョン探索には非常にお金がかかる。


特に食費!


だから食費を節約するために、モンスターを狩るを。

というのがこのマンガ。

うんで、冒険中にさまざまなモンスターを倒しつつ、罠を回避しつつ、いかにしてモンスターを捕まえ、調理し、美味しく食べるかというところがお話の中心になっております。


 

 ちゃんとした あらすじ 
character
魔法があり、エルフがいて、ドワーフがいて、ハーフフットいて、人間がいて、モンスターがいる世界。
 

そんな世界で、ある日、墓地の壁から地下へと伸びる強大な空洞があらわれた。


その空洞からあらわれたボロボロの男はなんとその世界の王様で、その世界は魔物に襲われてヤバイらしい。

しかし、お約束とも言うべきかその巨大な洞窟のどこかには金銀財宝があって魔物でヤバイ世界の元凶である魔術師さえ倒せば国のとみをすべて与えようといって、ボロボロの男は消えてしまう。

かくして大海賊時代ならぬ、大冒険時代が幕をあける――。

そんな世界でそこそこの腕をもつライオス一行は空腹のせいでドラゴンに1人の女を食べられてしまう。

その女こそが、ライオスの妹だった!

チームメンバーのエルフの魔法によってダンジョンから脱出したはいいけれど装備品以外はなにもかもなくなってしまう。

いくら冒険者とは言え、金がなければ冒険に行くことはできない。

半ば諦めかけたライオス一行だったものも「 そうだパンがなければモンスターを食べればいいじゃない! 」の精神でモンスターを狩りつつ、ゆっくりと消化されている妹のもとへと急ぐ!


途中、大サソリを食べたり、バジリスクを食べたり、マンドラゴラを食べたりするが、これは生きるためであって決して趣味じゃないんだからね!

……というお話である。


 作品感想 

モンスターハンターみたいな作品というよりは、ほのぼのモンスターがいる日常系?

前々から興味があったので、思い切って購入してしまいましたがアタリでしたね!

絵柄も見やすいし、エルフの知的な雰囲気が( ・∀・)イイ!!

常識人であるからこそ苦労するってのが、これまたたまらない。


このマンガではモンスターを食べるということは、ちょっとした非日常行為であり、モンスターの調理法などは確立しておらずドワーフのおっさんにモンスターの正しい調理法を教えてもらうまでは、ライオス一行は弱小モンスターのまともな食べ方すら出来なかったのです。

ある意味、人類が動物を食べてきた歴史を垣間見ているような……。

お馴染みのスライムとかが臭みを抜くために柑橘系の植物の汁に洗われたり、干されてから食べるとか見るとなんかミョーに説得力があるんですよね。

ほら、うなぎも昔はその形から毒があると考えられていて蒲焼きのタレで食べるのではなく毒消しにしょうがをたっぷりぬって食べられてたって話もあるし、江戸時代ではフグを食べるのに許可がいらなくって、それで死人が出ていたなんて話もあったりして、実は「 食品 」として私たちの食卓に鶏や牛や魚がならぶまでには知らないだけで結構な歴史ロマンがあったりするんです。

ある意味、モンスターを食べるということは、こういった食文化の発生を垣間見ることなのかも知れない……なんてガラにもないことを言ってしまいましたが、とにかくこのマンガ面白い!

 

 グッときた一言 

食うか食われるか
そこには上も下もなく
ただひたすらに食はその生の特権だった
ダンジョン飯
ああダンジョン飯 

きっと、この大人の感想文史上もっとも短いグッときた一言になるのではなるんでしょうね。
確かに食うか食われるかの世界だったら『 食べる 』という行為は特権ですよね。
 

だって弱いモノは食べられることが前提ですから。
 

人間対人間以外の場所では人間は弱い。

作中も人間がかんたんにモンスターに殺されたりしているところを見るとこの世界は本当に弱肉強食なんだなーって思わされます。

でも絵柄とストーリーのせいで、あんまり悲壮感はないんですけどね。


 

 あなたも読んでみませんか? 

ネットなんかで話題になっているダンジョン飯ですが、ファンタジーの世界の食の探求という切り口はかなり面白い!

ただ対象年齢は結構上かな、って気が。

魔法ドーン!
斧でズバー!
剣でバスー!

みたいなド派手な戦闘シーンはほとんどなく、なんか淡々と物語が進む感じが好感をもてましたね、リアル路線って感じで。

魔法があったり、死人が生き返ったりするのが当たり前の世界でリアル路線って話もあれですが。

架空の世界を舞台にしたグルメマンガってよりは、架空の世界の食文化を考えるってお話の方が近いかも?

 作者について 

九井 諒子(くい りょうこ)
Pixiv出身のマンガ家。
2011年より商業誌にて作品の発表を開始。
2013年『ひきだしにテラリウム』で第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

代表作に『 ひきだしにテラリウム 』『 九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 』『 ダンジョン飯 』などがある。



 関連商品 

 




 

 
楽天市場
スポンサードリンク
記事検索
面白かったと思ったらポチッとね!
QRコード
QRコード
アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ