小説

そして父になる あらすじと感想

同名映画に主演された福山雅治さんが結婚されましたね。
どうでもイイけど、あの甘い顔でアラフィフですよ、あの人?

アレでもうすぐ50代とかスゲー……。


さて、今回ご紹介させて頂く一冊は『 そして父になる 』です。

「 やっと 」でも「 また 」でもなく「 そして 」です。
意味深なタイトルですが、呼んでみると「 あーなるほどね 」って思うタイトルになっています!


  そして父になる について 

father-656734_640




日本の父親って、ちょっと前まで「 家族だけど家族じゃない 」みたいなとこあったじゃないですか?

平日は仕事、仕事で家に帰ってくるのは妻と子どもが寝静まってから。
朝も早くから通勤電車に揺られて、休日も休日で仕事だったり、接待だったり。

こんなステレオタイプの”忙しいサラリーマン”って父親も珍しくないのが現代社会日本。
そんな現状において父親って改めて考えると難しいポジションですよねぇ……。

辛くても弱音を吐けないし、子どもがある程度成長すると、父親なんて「 邪魔 」って言われる。


テレビドラマが創りだした父親の偶像なのかも知れませんが、それでも一生懸命働いているのに、子どもに尊敬されない父親って多いイメージです。


さて、そんなステレオタイプの父親とだらしないけど情に厚い父親の2人の子どもが入れ替わってしまったから、さぁ大変!





入れ替わってしまった子どもの処遇はどうするのか?
交換するのか?そのままなのか?それとも……?



 3行でわかる そして父になる 

エリートサラリーマンで出世街道まっしぐらだった野々宮良多の6歳になる子どもは取り違えられた赤の他人の子どもだった――。血の繋がっていない子どもと自分の血を引く本当の子ども。果たして彼らの家族はどのような決断をすることになるのか?

タイトルだけで、なんとなくイメージできるお話ですが、それでもやっぱり面白い。


エリートサラリーマンの野々宮良多に対する相手側の父親、斎木雄大はうだつの上がらない見た目はダメおやじ。


対象的な2人の選択にばかり目が行ってしまいがちですが、彼らと取り巻く”妻たちの心情”にも注目して欲しいところ。


 ちゃんとした あらすじ 

大手建設会社に勤めるエリートサラリーマンの野々宮良多は妻のみどりと6歳になる息子の慶多がいた。

エリート街道をひた走ってきた自分と比べると、息子の慶多は妻に似て優しすぎるし、リーダシップもない。

自分にはあまり似たなかったな、と思っている彼のもとにみどりが出産時に入院していた病院から連絡が入る。

それは息子の慶多は自分の息子ではなく、赤の他人だったのだ。


本当の自分の血を引く子どもは良多からすれば劣悪な環境にいた。


満足行く教育は成されず、兄妹だちも躾がなっていない。

病院側に進められ相手側の家族と息子同士を交換することになるが、その度に自分が慶多に足りないと思っていたものを血の繋がった本当の息子、琉晴に垣間見る。

しかし、そんな慶多の思いに傷つく、妻のみどり。

理想の人生を歩んでいたはずの良多の人生は”子 どもの取り違え ”のせいで少しずつ狂い始める――。


 

 作品感想 

エリート街道まっしぐらだった良多が子どもの取り違えのおかげ(?)で家族の大切さを改めて知る、というのがこの物語のコンセプトのようでした。
 

確かに子どもが小さい間は良多みたいな父親よりも雄大みたいな父親の方がいいんだろうけど、子どもが中学生になり、高校生になり、大学生になった時に果たして取り違えられた子どもは自分の出自を恨まないのか……?
 

うがった見方ですいません!


「 八日目の蝉 」でも、誘拐された娘はいつまでも本当の母親を母親として認識できず結果的に両親を恨む感じになりましたが、取り違えられた子どもはどう思うのでしょうね。


だって、明らかに家柄が違いすぎて今後、すっげぇ格差が生まれるハズ。


まぁそれでも雄大の方は貧乏だけど温かい家庭で育っているから、子どもはグレたりはするけれど、将来まっすぐ育つのかも?

うーんでも、大人になってからは、絶対に良多の教育方針に慶多は感謝することになると思うんだけどなぁ……。

 

 グッときた一言 

「そうだよな。でもな、六年間は……六年間はパパだったんだ。できそこないだけど、パパだったんだよ」

ラストのラストで良多が慶多を抱きしめて言う一言です。

タイトルが「 そして父になる 」なんだから、やっぱりこの一言こそがグッと来る一言でしょう。

今まで厳しい優しさのない自分を恥て、自分はそれでも父親として、慶多の父親として一生懸命頑張ってきたんだ、という良多の思いが溢れ出ています。

たぶん、この瞬間に良多は本当の意味で父親になったんでしょうね……。

 

 あなたも読んでみませんか? 

父親の思いばかりが注目されがちですが、その裏で子どものために一生懸命になる母親の気持ちというのも上手に表現されていて、本当に良い小説でした。


父親の方は割り切れるかもだけど、母親となるとねぇ……だって子どもと向き合う時間が長いんだから「 この子はあなたの子どもではありません! 」と言われて「 ハイそうですか 」といくわけがない。


そういった大人たちの葛藤を描く、一冊。
改めて良かったです。

割りとヘビーな一冊ではありますが、読み応えバツグンなので、気になる方はぜひどうぞ。


 作者について 

是枝裕和
日本を代表する映画監督の1人で数多くの賞を受賞している。
主な作品に『 誰も知らない 』『 空気人形 』『 そして父になる 』などがある。


佐野 晶
東京生まれのフリーライター。
ドラマや映画などのノベライズを手掛ける。
主な著書に『 ナポレオンの村 』『 トイ・ストーリー3 』などがある。


 関連商品 






 

 

食堂かたつむり あらすじと感想

「 食堂 」。

いい響きですよね。

飯屋でもなく、小料理屋でもなく、食堂。

「 食堂 」ってつくだけでなんだか明るい雰囲気のある、いい感じのお店に思えてしまうから不思議なものです。

でも、お酒とか売れなさそうですよね。
やっぱり食事がメインで、それに合うお酒を少しだけ出してくれるお店って感じが出て、やっぱり小生、食堂って好きだなぁ。


さて、今回ご紹介する小説は『 食堂かたつむり 』です。

”深夜”でもなく”かもめ”でもなく、かたつむりの方ですよ。


  食堂かたつむり について 

restaurant-691377_640



さて、さて今回紹介する『 食堂かたつむり 』は大変暖かい小説でございます。

詳しい内容はあらすじで語りますが、柴咲コウ主演で映画化もされました。

予告編からして、どーも音楽と内容がマッチしていない感じの映画なのが残念ですが、私は見ていないので興味がある方はどうぞ。

少なくともアマゾンレビューだと酷評の嵐でした……。





人の評価なんてあてにならないもんだし、無責任にあれやこれや言えるので、別に小生はどうもこうも思いませんでしたが、個人的に想像していたキャストではなかったので、ネットで『 食堂かたつむり 』を検索した後にアマゾンを見て、そっ閉じでした。



 3行でわかる 食堂かたつむり 

彼氏にふられ、家財道具をすべて盗まれた。残されたのは床だけ。ショックのあまり声を失い、生まれ故郷に戻った彼女は食堂かたつむりを開くことに。街の人から不思議な力があるお店と言われる店になったけれど……?命と食事の大切さが分かるお話です。

3行ということでかなり端折ってはいますが、なんとかまとまりました。

うん、まとまった( 自画自賛 )。


こういう小説を紹介するときに悩むんですけど、ネタバレは極力さけたいんですよね!


やっぱり知って読んだのと、知らなくって読んだのではかなり差があるじゃないですか。

まぁ、でも大体はこんな感じの物語です。

食堂ということで、全編にわたってお料理が出てくる小説なので


ダイエット中の人は注意して読むように!


 ちゃんとした あらすじ 

トルコ料理店でアルバイトをしていた私が家に帰ると、部屋の中には文字通り何もなかった。

一生懸命お金を貯めてかった調理道具も、死んだおばあちゃんと一緒に漬けた梅干しも、すべて一緒に住んでいたインド人の彼にキレイさっぱり持って行かれてしまった。

ショックのせいか私は声がでなくなってしまった。

私は声も失ったのだ。

でも、たった一つだけ残ったものがあった。

それはおばあちゃんの形見の、ぬか床。

私は、何もない部屋を後にして、ぬか床を抱えたまま高速バスに飛び乗って、東京に出てから今まで一度も帰っていない実家の街に帰ることにした。


その街は、私にとって大好きな街だったけれど、大嫌いだったおかんがいたから帰ってこなかった。


昔住み慣れた実家に帰って、おかんが隠しているであろうお金の隠し場所を漁っていると大きなブタが襲いかかって来て、会いたくなかったおかんも出てきた。


私はなんとかおかんに住ませてもらうように、お願いして無事住むことはできるようになったのたけれど生活をするにはお金がかかる。

どうしよう……そうだ、だったらここで食堂を開こう!


だって私はインド人の彼とお店を開くために今まで頑張って来たんだもの!
 

小さいころからお世話になった近所のオジサンの熊さんに手伝ってもらって出来た手作りのお店「 食堂かたつむり 」は自然のめぐみをお腹いっぱい味わえるステキなお店。

しかも、そのお店の料理を食べると”奇跡が起こる”らしい。

食堂かたつむりで起こる、優しい奇跡の数々。


あなたも、食堂かたつむりで食事をしてみませんか?

当店は完全予約制で、シェフは私だけでウェイターもいませんし、しゃべれないけれど、アナタの身体を元気にする料理を振る舞います。

さあ、アナタが食べたいものは何ですか?


 

 作品感想 

感動しました。

良かったです、一気に読み終わってしまいました。


うん、読後感がさらに良い。


なんかお腹いっぱい身体に良い食事をしたって気分にしてくれます。そんな小説です。


登場する料理はどれも美味しそうだし、料理の手順やその食材の温度まで感じさせる筆力は、純粋に上手だと思いました。

いい意味で女性らしい小説でしたね。


可愛らしいというよりは、芯の通ったしっかりとした女性って感じの癖があるけどいい女な小説でしたね~。

いや~それにしても、どこからこんなにも美味しそうな料理のレシピを引っ張ってくるのでしょうか。


ザクロカレーとかりんごのぬか漬けとか、マタタビ酒をつかったカクテルとか、ジュテームスープとか。


どれも美味しそうだし、身体に良さそうだし、心まで暖かくなるようなお料理ばかりでした、絵は思い浮かばないけれど。

それと最後の豚さんとのお別れが個人的に「 え~~~~~! 」と思ってしまいましたが、命を食べるってこういうことだよなぁと考えさせられました。

 

 グッときた一言 

私にとって、料理とは祈りそのものだ。
おかんと修一さんと の永遠なる愛への祈りであり、身体を捧げてくれたエルメスへの感謝の祈りであり、そして、料理をつくることの幸せを恵んでくれた料理の神様への祈りでもあった。
私はこの時ほど無上の喜びを感じたことはない。

ラストシーンへ向かう重要な場面です。

ネタバレになるので、あまり多くは語りませんが良いシーンなんですよ。

出てくる料理のドレも美味しそうだし、食べたくなるし( 相変わらずどんな料理かはわからないけれど )。

このころは、大嫌いだったおかんとの関係も少しずつ良くなっているんですが、実はおかんが……!

うん、コレ以上はネタバレになるので、言えませんがやっぱり良い小説でした。

大ドンデン返しこそありませんが、最後のシーンはカタルシスたっぷりで良かったなぁ。

 

 あなたも読んでみませんか? 
キレイな自然を感じる美しい小説でした。

出してる料理は”食堂”って気がしませんでしたが、全体に漂う優しい空気感は「 バル 」とか「 レストラン 」とかじゃなく、やっぱり食堂ですね。

最後はとても切なくって、でも元気がでるラストでした。

私たちは生きているものを食べて生きているんですよね、ってことを再確認させてもらいました。


でも、経営とか考えたら小説のように上手く行くわけないけどね……あぁ世知辛い、世知辛い。


 作者について 

小川 糸(おがわ いと)
1999年に「 密葬とカレー 」でデビュー。
2004年に浜田省吾と水谷公生とともに音楽ユニット「Fairlife」の結成に参加。「春嵐」名義で作詞を手掛ける。

代表作に絵本の『 ちょうちょ 』『 食堂かたつむり 』『 ファミリーツリー 』などがある。

 関連商品 






 

 

返事はいらない 感想とあらすじ

バブル、今の不況の日本からは考えられないほどお金が余り余ってしょうがない時代。

つい20年ほど前の話なのに、バブル後に生まれた就職氷河期の方やゆとり世代にとってはまるでお伽話のようなお話。

就職内定率は100%以上。

企業側は学生に就職してもらうために、数百万という経費をかけた……う~ん信じられない。


そう、かつての日本は豊かだったのだ。


いや、今も豊かだけどさ。
でも、みんな金ねーじゃん?
バブルの時代ってみんなちょー金あったらしいよ?

バブル世代ってみんなラクラク就職出来たわけですよ、ええ。

しかも、バイト代も今よりも馬鹿みたいに高くって、バイトの方が正社員よりも稼いでいたって今考えるとスゴイよね!


今回ご紹介する小説は、そんなバブルの時代の香りを残す宮部みゆき先生の『 返事はいらない 』です。


  返事はいらない について 

letters-772504_640



『 返事はいらない 』はあの宮部みゆき先生の短編小説集であります。

お恥ずかしい話ですが、小生、実はこの『 返事はいらない 』が初宮部みゆき作品です。

名前は知っていたのですが、何故か今まで読む機会がなくって……。


さて、それは置いておくとして、本作品は短編小説集となっております。

表題の『 返事はいらない 』からはじまり。

『 言わずにおいて 』『 ドルネシアへようこそ 』『 聞こえていますか 』『 裏切らないで 』『 私はついてない 』

そして茶木則雄先生の解説で本書はなりたっております。


それではどのような話なのかをご説明させて頂きたいと思います。



 3行でわかる 返事はいらない 

時はバブル崩壊直後。年号が平成になってしばらくの女性の生き様を中心に描く小説だ。男にふられた腹いせで仕返しをする。以外な裏の顔を持つ小太りの女。ひょんなことから事件に巻き込まれた女などなど一筋縄ではいかない女性の顔が分かる小説。

今回、短編小説集ということで上手く3行にまとめきれていませんが、ここでネタバレを書いてしまうのはもったいない。

どんでん返しがあり、以外な結末あり、ちょっと無理があるストリートもなくはないけれど、それもまた面白いのがこの本の良いところなので、なるべくならネタバレは控えたいので、このようなまとめになってしまいました。

ごめんなさいm(_ _)m

本格的な作品の中身がみたいという方は、下記よりネタバレも含んだあらすじを書かせて頂きます!

 

 ちゃんとした あらすじ 
『 返事はいらない 』

付き合っていた男に振られたばかりの女は自殺を試みて登ってきた屋上に歳の離れた夫婦がいた。


2人に自殺を止められ、自分の話を聞いてもらっているうちに、彼女はある大きな”世直し”の協力をすることになる。

それは大手銀行の穴を突く、奇妙な強盗事件だった――!



『 ドルネシアへようこそ 』

地方から出てきた1人の青年は、周りの人々が浮かれている中、今日も速記の練習をする。


ただ、そんな盛り場を1人去るのは虚しく、いつも彼はイタズラで駅の掲示板に「 ドルネシアで待つ 」と行くはずのない彼には無縁のディスコの名前を書いて家路につくのだった。


そんな彼のイタズラに誰かが返事を書く「 ドルネシアに、あなたはいなかったわね 」と。


一体誰がこんなイタズラをしたのだろうか?


そして彼に、また返事が届く。

「 本当に待ってくれるの? 」


『 言わずにおいて 』

上司のセクハラ発言にブチ切れた彼女は、悩んでいた。

明日は、どんな顔で会社に顔を出せば良いのか……。


そんな彼女の前で一台の白い乗用車が事故を起こす。

運転手は死に際に彼女を見て「 あいつだ!あいつだ!やっと見つけた! 」と彼女を指さした。


しかし、彼女はそんなことを言われる筋合いはない……。

人違い?

いや違う、何か意図があってあの運転手は叫んだのだ。


『 聞こえていますか 』

おばちゃんの実家から引っ越してお父さんとお母さん、そして僕の3人での生活がはじまった。

でも、誰かが引っ越したばかりの部屋を覗いてる?


しかも、前に住んでいた人が使っていた電話には盗聴器が隠されていた!

僕が引っ越す前に住んでいたおじいちゃんは、もしかすると誰かに殺されたのかも……。


『 裏切らないで 』

ひとりの刑事が担当する事件。

刑事本部の人間のほとんどが「 自殺 」と判断する事件が腑に落ちない男は相棒と2人で自殺の裏付け捜査を続ける。

そこで浮かび上がってくる被害者の薄っぺらい人生。

果たして彼女の死は自殺か?他殺か?


『 私はついてない 』

同僚に借りた50万円の借金のカタに僕の従姉妹の姉さんはフィアンセからもらった指輪を取られてしまう。

しかも、その日はフィアンセの恩師と合う日だから指輪がないと……。

なんとか指輪の件は解決したけれど、姉さんについていってフィアンセの恩師に会ってみると「 この指輪は偽物です 」と言われて、その指輪を盗まれてしまう!


あの指輪は僕の母のものだったのに!

どうすれば良いんだ……。


 

 作品感想 

いや~面白かった!

さすがは宮部みゆき先生。

どの作品も面白かった。

平成に年号が変わってばかりということもあって、小生の知らない時代のお話でしたが、若者の意識って10年や20年たらずでこうも変わるんだなって気分にさせてくれます。

この小説には、バブル崩壊後の香りが漂っている!

小生はこれでも平成生まれなので、バブル時代のことは話でしか知りませんがみんなお金を使うことが大好きだったんですねぇ……って思いました。

登場する女性の多くは、強いけれど浅はかというか、バカというか。


小生のイメージでは、どの時代の女性も力強いものと思っていましたが、この小説の舞台になった時代の女性が、なぜ現在売れ残っているのかを考えるとなんとも腑に落ちる感じがしましたね。


作品としては、どれもしっかりミステリーをしています。


一番、意外だったのは『 ドルネシアへようこそ 』。


あらすじからも分かるように、人が死んだとか、強盗がいるとかいうお話じゃないんですが、しっかりミステリーしています。


 

 グッときた一言 

改札を抜ける。そこの伝言板いっぱいに、親しみやすい丸い文字で大きくメッセージが書かれていた。
ドルネシアにようこそ、と。 

『 ドルネシアへようこそ 』の最後の文です。

ドルネシアにあこがれていた青年が、あこがれのドルネシアへ向かう彼へあてたメッセージ。

まだJRに掲示板というものがあり( 2ちゃんじゃないよ! )。

メールが一般的でなかった時代を感じさせる一文でした。

小生はその頃はまだ赤ん坊だったので、バブルの時代をまったく知らないのですが、それでもバブルの時代に流されずしっかり生きた人もいたんだな、ということがわかってなんだか嬉しかったです。

 

 あなたも読んでみませんか? 

さすがは日本を代表するミステリー作家。
模倣犯よりもずいぶん前の作品ですが、面白かったですね~!

この方は、女性や子どもの心理を書くのがウマイ。

本書が出版された当初からずいぶんと長い時間が過ぎているため、その作品の受け取られ方も変わってしまったように思えますが、なんというか平成の歴史がそこには確かにえがかれていました。

「 平成生まれのAV女優がついにデビュー! 」とか言ってた時代がずいぶんと懐かしいように、平成もそろそろ30年を迎えようとしています。


その時代に生きる人間だからこそ、その時代のことがわからない。

もしかしたら、歴史ってそんなもんなのかも知れません。


この作品を書かれたばかりのころは、誰もが当たり前に思っていたことが20年以上もの月日が流れてやっとその時の歴史として認識されるようになったということが小生には新鮮でした。

うん、それだけでも古い本を買ってみるということは価値が有るぞ。


興味がある人は、ぜひ読まれてみてはいかがでしょうか?



 作者について 

宮部 みゆき
1987年「我らが隣人の犯罪」でデビュー。
日本推理作家協会会員でもあり、日本SF作家クラブ会員、誌幻影城ファンクラブ「怪の会」出身。

もはや日本を代表する女性作家の1人。

代表作に『 火車 』『 理由 』『 模倣犯 』などがある。



 関連商品 






 

 

人間失格 あらすじと感想

第1回目ということで、小生のバイブルとなった小説をご紹介したいと思います。

それが「 人間失格 」。 私の青春時代のバイブルというと、どんだけ暗い青春を過ごしていたんだよって思われそうですが、まぁ、あんまり明るい人生は過ごしてませんね。

むしろ、日陰街道まっしぐらの人生を歩んでまいりました。

鬱々とした青春を過ごしていた小生、人間失格の主人公「 葉蔵 」に自分を重ねて生きてきましたよ。

うわ、暗ぇ俺の人生!

でも、  どうせなら葉蔵のようにモテモテだったらよかったんですけれどねぇ……。


人間失格について

大人の読書感想文-01-01


日本の文学史にさんさんと輝くベストセラー、人間失格。

デスノートで有名な小畑先生が表紙を描かれたことでも話題になりましたが、ちなみに人間失格の売上ってどれぐらいかご存知でしょうか? スゴイっすよ、新潮文庫だけでも累計600万部以上。

いろんな出版社から出版されているので、いったい合計いくら売り上げているのかわかりませんが、もしかすると日本で1番売れている小説かも?

そんな小説を読んでないなんて、もったいない。 とにかく一読するだけの価値はあるから、読んでみてよ!


3行で分かる人間失格のあらすじ

主人公の葉蔵は子どもの頃からモテモテ。でも人間不信がヤバイ、 下女に犯される。
お道化ばかりが上手くなって、さらに人間不信が加速酒と女に溺れ自殺未遂でどん底に。
処女と結婚するもNTRされ、絶望のあまりヤク中に精神病院におくられて、最後廃人となる。


ちゃんとした人間失格のあらすじ

ある男が戦災後に立ち寄ったバーのママに3枚の写真を見せられる。

1枚はサルのように笑う少年。 もう1枚は不思議な美貌の青年。 そして最後の1枚は不吉なにおいのする写真。

その3枚の写真は「 葉蔵 」という1人の男の人生を切り取った写真だった。 幼少時代から他人を恐れ【 道化 】と呼ばれる他人への求愛だけが上手になった少年はやがて主体性の無さからつぎつぎと自らを不幸へと追いやっていく。


『 恥の多い生涯を送って来ました。 』 と語った彼の醜くも悲しい人生とは?

作品感想

ずいぶんと昔の作品ではありますが、この小説の美しさはその醜い主人公の生き様にあると小生は思います。

『 恥の多い生涯を送って来ました。 』とありますが、本当に恥が多いというのは「 一般常識がない 」とか「 いい歳なのにも関わらず感じが読めない 」とか言うことだと思うんですよね。


だって、この主人公の”恥”って恥のレベルじゃないから!


なんつーっか救いのない小説ですよね、これって。 思春期をこじらせて女にモテまくって。 酒に溺れて、ヤク中になって……。

あ、こう書くとろくでもない小説みたいですよね( 笑 )。


確かに読む人が読めばろくでもない主人公の自叙伝なわけですが、そこがどうにも心を惹きつけるんです。 モテない男の人生からすれば、モテモテの人生なんて羨ましい限りですが、モテる男にはモテる男なりの苦労があるんでしょう、わからんけれど。


グッと来た一文

「 弱虫は、幸福をさえおそれるものです。綿で怪我をするんです。幸福に傷つけられる事もあるんです。傷つけられないうちに、早く、このまま、わかれたいとあせり、れいのお道化の煙幕を張りめぐらすのでした。 」
葉蔵が転げ込んだ子持ちの女性の先で葉蔵が思ったことですが、今まで不幸な生活を続けた葉蔵だからこそ感じる不幸なものが幸福な人間を傷つけてはイケナイという自己犠牲から出た言葉でした。

弱虫=葉蔵は今まで自分が数多くの人を不幸にしてきたからこそ、この幸せが怖かった。 そう思うと、彼の人生って本当に可哀想な人生ですよね……。


アナタも一冊読んでみない?

好きな人、嫌いな人で大きく評価が別れる小説だと思います。 小生は好きですが。

でもさあ、読書感想文とかには絶対に向かねぇよなぁって思うんです。

子どもがね、この小説読んでどう思うんだろうって?
「 雪国 」も文学小説の顔をかぶったエロ小説だったし、この小説だってアル中とヤク中がでてくるし、左翼がーとか、自殺がーとかネガティブ過ぎ!

でも大人になって読んでみると、この作品の良さがわかるんです。


まだ読まれたことが無いという方は、ぜひご一読されてみてはいかがでしょうか?


作者について

太宰 治 昭和11年最初の作品集『晩年』を刊行。 昭和23年に玉川上水で入水自殺。

彼の死は多くの人に衝撃を与えた。 代表作に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』などがある。

[  関連商品  




 

 
楽天市場
スポンサードリンク
記事検索
面白かったと思ったらポチッとね!
QRコード
QRコード
アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ