2015年08月

心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG あらすじと感想

RPG好きですか?
小生は、ふつうです。

若い頃は、もっぱらスピード感があるアクションが好きだったんですが、最近だとFPS→シュミレーションRPGとゲームの趣向がおっさん臭くなっていることを感じます。

いや、アクションも楽しんですよ?
ただわざわざスキルを高めるために、ムダに同じ敵と戦ったり、レアアイテムをゲットするために何回もモンスターを倒したりすると飽きるんですよね、コレが。

さて、今回ご紹介する本は『 マンガで分かる心療内科 』シリーズを手がけてらっしゃるゆうきゆう先生とソウ先生の『 心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG 』です。

どの辺がリアルかというと……!


  ゆうきゆうのスーパーリアルRPG について 

xbox-283116_640


タイトルにもありますように、現実味たっぷりのRPGの世界が舞台です。
一応、モンスターとか魔法(?)とか魔王(?)とかは登場するのですが( ハテナの意味はあとで分かります )さすが心理研究家といいますか、人間嫌いと言いますが、ゆうきゆう先生のRPGに対するご指摘は鋭い!


『 マンガで分かる心療内科 』よりもコメントはかなりビターですが、まぁ、ブラックジョークと思って読む分には問題なく面白いかと。


ただ最後まで「 それが現実 」というスタンスで夢も希望もないので、夢見がちなお子さまにはとてもじゃないけどおすすめ出来ないっすね。

それに、この本を読んだ後にRPGにする気にはなれないね……。



どうしてくれるんだ、ゆうきゆう! 
2度と純粋な気持ちでドラ○エできなくなったじゃねぇかあ!!!


 3行でわかる 心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG 

現実はゲームみたいに甘くねぇから!たいだいゲームの中で薬草とか食うけどリアルだったらHPとか回復しねぇから?ってかHPとか生易しいもんねえから!ついでに言う心理学的に旅で親睦が深まるとか、むしろ逆だからね!!!


身も蓋もない感じですが、これが現実。
ネタで言っているなら良いんですが、どこまでも真剣に突っ込んでくるし、RPGの設定にチェーンソーで斬りかかってくる感じだから、読んでて笑えるけれど切なくなるね。

これは好きな子に、気がついたら彼氏が出来ていたレベルの切なさに近いものがあります。

いやーあれって辛いですよね~。
ずっと「 あの子かわいな…… 」と自分ひとりで彼女のことを愛でてたらいつの間にか、他の男とくっついて、一緒に下校して、そのまま「 今日親いないんだ…… 」って彼女が顔を赤らめて……。



あぁ!現実なんてやっぱり糞だ!!!!

 

 ちゃんとした あらすじ 
どこにでもいる平凡な少年である「 三郎 」( 名前からして平凡、しかも兄も弟もいないの三郎 )が小さなころからの夢である勇者になるために旅にでるけれど現実は全く甘くない。

そもそも三郎は伝説の勇者の末裔でもないし。
勇者になるためには役所に書類を提出しなきゃいけない。
さらに、さらに、女戦士は現実路線でマッチョなおばちゃん!


などなど、救いようのない現実が三郎を襲います。


一応、モンスターとかは出ますが、ゲームのお約束よろしくお金を持っているわけでもアイテムを持っているわけでもございません!


しかも、モンスターを殺したら動物愛護団体からクレームがくるし( どこまで現実的やねん )。


旅に出ている間に母親が再婚していて、妹がいる。
楽しいRPGとは違ったリアル過ぎるRPGがここにある!
 

 作品感想 
途中まで面白いんですけれど、オチが毎回決まっててダレた。

絵柄はすっげー好みなんで、読んでて面白いんですけれど、最後の最後までリアル路線で救いがないのが、ちょっと……。


やっぱり創作物にありがちなカタルシスというか、救いというか、そういうのが無いから「 こりゃ女にモテないわぁ……」って感じのことを思ってしまいましたね。


まぁ、わかっちゃいるけど現実って突きつけられるとイヤですよね。
人がせっかく「 宝くじが当たったら~! 」ってホクホクしていると他所から「 どうせ当たんないよ 」とか言われたら冷めるし。

新車を買って「 事故るよ 」とか言われたらお前を引いてやろうか~!

って気分になるじゃないですか、きっとね小生のイメージではゆうきゆう先生って彼女と食事とか行った時に「 死んだ動物の肉食べてる 」とか考えている人だと思うんですよ。


でも『 マンガで分かる心療内科 』とかの下ネタ全開のときは面白かったのに、今回の作品はそういった”下”の部分がマイルドになりすぎてて勿体ない、と思いましたね。

勢い不足!
でも、ブラックジョークの数々はとても笑わせて頂きました。
 

 グッときた一言 

それが現実。

きっと、この大人の感想文史上もっとも短いグッときた一言になるのではなるんでしょうね。

他にもいろいろと候補があったんですけどね、前後の状況を説明しないと何が何だか分かんないし。

『 心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG 』 を表している一言なので、今回はこの一言を選ばさせて頂きました。
 

 あなたも読んでみませんか? 

ゲームって良いですよね、救いがあって。
小生も、どこか遠くの可愛い女の子しかいなくって、男女比率が圧倒的におかしい場所でモンスターを倒しながら優雅に暮らしたいものです。


さて。


そんなことは、ありえないって知ってるの。
そりゃあ、この世界には野生動物以外のモンスターなんていないし、野生動物を許可無くかってに殺そうものなら、こっちが犯罪者、うん、夢がない。


それに猟師にジョブチェンジしたところで、モンスターならぬ野生動物から思わぬ反撃を受けて死んでしまうことだってさもありなん。


倒した野生動物が必ずしもお金に変わることを考えると、実在するモンスターハンター( 猟師 )の職業も楽ではないようです。


そりゃあ、そうでしょうとも。
一体どれだけの人間が「 ピギャーピギャー 」苦しそうな声をあげて泣き喚く豚や牛を食べるためとは言え、殺せるのでしょうか?

少なくとも「 むやみやたらな殺生はいけません 」と教育された日本人には難しい話しなんじゃない?

小生はグロ耐性がないのでムリです、ええ、絶対に。


そいういうリアル目線で考えるとRPGって結構残虐。


ただ、この本は小ネタ的に心理学的な教えが、そこそこ書かれているので少しは勉強になります。


とりあえず「 面白いそうだな 」と思われた方はご一読ください。


 作者について 

ゆうきゆう/著書
2008年に「ゆうメンタルクリニック」を開院し、2014年には、皮膚科・美容皮膚科である「ゆうスキンクリニック」を開院している金がきっと有り余っているであろうお医者様。

主な著書に『 おとなの1ページ心理学 』『 2秒で本音がわかる心理術 』『 マンガで分かる心療内科 』シリーズなどがある。

ソウ/作画
マンガであり、イラストレーターでもある。
進研ゼミやDOMOの広告漫画なども手がける。
作画、イラストを務めた書籍に『 モテるマンガ 』『 出口汪の論理的に考える技術 』『 マンガで分かる心療内科 』などがある。



 関連商品 






 

 

1分片づけ術 即効かんたん便利ワザ120 あらすじと感想

1分で何ができるでしょう?
私なんかは、ものぐさだからすぐに「 1分休憩しよう 」で30分ぐらいダラダラしてます。

ほら、なんか1分だけだった、休んだ気がしないじゃないですか?


時間のムダ?


人間だって、メンテナンスが必要なんだ!
この1分は貴重な排熱時間なんだ、きっと。


たしかに毎日1分ずつなにかしらやってたら、1ヶ月で30分でしょ?
これが1年になると360分。

うげぇ、6時間にもなっちまう。
今日ご紹介する本は「 とりあえず1分なにかしましょう? 」ってことを教えてくださる、ものすぐさな私にはアリガタ~イ本だったのです。


  1分片づけ術 即効かんたん便利ワザ120 について 

大人の読書感想文08_29-01

本書は住生活デザイナーである「 すはらひろこ 」さんが書かれた飽きっぽい時間がない人へ向けた生活の知恵をまとめた一冊。


可愛らしい絵柄と、読みやすい文章で中には「 それ、1分以上かかるやん! 」ってことも紹介している本なのですが、目からウロコがでるような事が書いてあります。


監修されているすはらひろこさんは、20年前にお付き合いしたいようないい感じのご婦人なのですが、なんと1級建築士なんですって!すげぇ。



そんなご婦人が手がけた本ですが、中身の内容は女性むけに柔らかいタッチで書かれているので、子どもにもおすすめかも。


 3行でわかる 1分片づけ術 即効かんたん便利ワザ120 
ダラダラしているヒマがあったら、そこら辺のもの片づけて見ればいいじゃない?
無理してモデルルームみたいにしてくいいの!でも住みやすい部屋にはしないとね?
だから毎日1分でいいから片づけたり、掃除したりすりゃあいいのよ!



なぜオネエ口調だったのでしょうか!


女性向けの本ですが、小学生高学年、中学生ぐらいのお子さまも読める位な感じの本です。
タイトル通り便利なワザが120ほど書かれているので、やれるとこから始めれば、あなたの部屋はきっとキレイになる?
 

 ちゃんとした あらすじ 
なにごともほどほどが一番。汚すぎるのもダメだけど、モデルルームみたいな部屋やゴミ一つ無い部屋っていうのは、今すぐには難しい。


まずは、その意識をなくして「 とりあえず1分 」からやってみることが大事。
やり続けていれば、そのうちに少しずつ習慣になっていくから、もっとお掃除したり、片づけしたくなるはず。


だから「 とりあえず1分 」からはじめてみて!
 

作品感想
「 とりあえず1分でいいからなんかしてみてよ? 」って言われたら、確かになんかしてもいいような気がしますよね?


江戸幕府の財政を悪化させてきた、あの王奥だって「 ちょっとでいいから外でてみてよ! 」( 超意訳 )って家老に言われたから、すんなりと外にでて大奥をおわれたわけで、 小さなことからコツコツとするということが大事なんですなぁ。

確かに1分ぐらいならなんか出来そうですが、本書でも取り上げられているように1分あったらテーブルの上を拭いたり、床に散らばっている雑誌やDVDなんかをまとめることぐらいデキルわけです。


さらに、いつもダラダラするソファの周りに収納ようのオシャレな収納ラックとか買ってたら「 あら、ちょっと頑張ってお部屋をキレイにしてみようかしら? 」って気にもなるってもんです。

まぁ、そいういう気分にさせるのが、この本の戦略なんですけどね!


グッときた一言

「 私らしく片づいた部屋 」それが究極の理想

最初のページの見出しなんですが、これを言われて「 はっ! 」と思いましたね。
確かに、キレイな部屋は住んでいて気持ちが良いけれど、物が全くないのは不便。

それに物書き紛いなことをしている自分からすると、本や雑誌が乱れ狂っているのって、ある意味自然だし、デスクまわりが必ずキレイじゃないといけなってわけじゃぁない。


「 私らしく片づいた部屋 」って人それぞれ違うし、それで良いと思うんです。


無理して、背伸びして自分にプレッシャーをかけてまで掃除したって長続きしませんよ!

うん、ムリ。
だって、俺、ダイエットとか全然ムリだもん。
「 今日から痩せる! 」って言ってなんど挫折したことか。

てか「 明日からがんばる 」で終わってることの方が多い気がするんですよね、恥ずかしながら。

ということが本書のテーマのようです。
うん、でも仕事とか、自己啓発とかって、1分の積み重ねだよなぁ、そうだよなぁって思っちゃいました。
 

 あなたも読んでみませんか? 

片づけが苦手な人は、もちろんとして、そんなにページがない本なので、自分への自己啓発として買うのもアリでしょう。

結構実用的な小ネタが満載で、昔なつかしの伊東家の食卓みたいな、雰囲気もあったりして。

それに生活の知恵として、軽く読み流しておいて「 ああ、こういう時に使えるんだな 」ぐらいに覚えておくと、部屋の掃除とか片づけが捗る気がします。

 作者について 

すはらひろこ
建築やインテリア、整理収納の資格だけでなく豊富な知識に裏打ちされた片付け術は定評がありさまざまなメディアにひっぱりだこ。

主な著書に『 楽しくしまってスッキリ暮らす 「無印良品」で覚える収納のコツ  』『 収納&整理のきほん事典―親切・ていねい・よくわかる!  』『 ビジュアル版 1分片づけ術 』などがある。

 関連商品 





人間失格 あらすじと感想

第1回目ということで、小生のバイブルとなった小説をご紹介したいと思います。

それが「 人間失格 」。 私の青春時代のバイブルというと、どんだけ暗い青春を過ごしていたんだよって思われそうですが、まぁ、あんまり明るい人生は過ごしてませんね。

むしろ、日陰街道まっしぐらの人生を歩んでまいりました。

鬱々とした青春を過ごしていた小生、人間失格の主人公「 葉蔵 」に自分を重ねて生きてきましたよ。

うわ、暗ぇ俺の人生!

でも、  どうせなら葉蔵のようにモテモテだったらよかったんですけれどねぇ……。


人間失格について

大人の読書感想文-01-01


日本の文学史にさんさんと輝くベストセラー、人間失格。

デスノートで有名な小畑先生が表紙を描かれたことでも話題になりましたが、ちなみに人間失格の売上ってどれぐらいかご存知でしょうか? スゴイっすよ、新潮文庫だけでも累計600万部以上。

いろんな出版社から出版されているので、いったい合計いくら売り上げているのかわかりませんが、もしかすると日本で1番売れている小説かも?

そんな小説を読んでないなんて、もったいない。 とにかく一読するだけの価値はあるから、読んでみてよ!


3行で分かる人間失格のあらすじ

主人公の葉蔵は子どもの頃からモテモテ。でも人間不信がヤバイ、 下女に犯される。
お道化ばかりが上手くなって、さらに人間不信が加速酒と女に溺れ自殺未遂でどん底に。
処女と結婚するもNTRされ、絶望のあまりヤク中に精神病院におくられて、最後廃人となる。


ちゃんとした人間失格のあらすじ

ある男が戦災後に立ち寄ったバーのママに3枚の写真を見せられる。

1枚はサルのように笑う少年。 もう1枚は不思議な美貌の青年。 そして最後の1枚は不吉なにおいのする写真。

その3枚の写真は「 葉蔵 」という1人の男の人生を切り取った写真だった。 幼少時代から他人を恐れ【 道化 】と呼ばれる他人への求愛だけが上手になった少年はやがて主体性の無さからつぎつぎと自らを不幸へと追いやっていく。


『 恥の多い生涯を送って来ました。 』 と語った彼の醜くも悲しい人生とは?

作品感想

ずいぶんと昔の作品ではありますが、この小説の美しさはその醜い主人公の生き様にあると小生は思います。

『 恥の多い生涯を送って来ました。 』とありますが、本当に恥が多いというのは「 一般常識がない 」とか「 いい歳なのにも関わらず感じが読めない 」とか言うことだと思うんですよね。


だって、この主人公の”恥”って恥のレベルじゃないから!


なんつーっか救いのない小説ですよね、これって。 思春期をこじらせて女にモテまくって。 酒に溺れて、ヤク中になって……。

あ、こう書くとろくでもない小説みたいですよね( 笑 )。


確かに読む人が読めばろくでもない主人公の自叙伝なわけですが、そこがどうにも心を惹きつけるんです。 モテない男の人生からすれば、モテモテの人生なんて羨ましい限りですが、モテる男にはモテる男なりの苦労があるんでしょう、わからんけれど。


グッと来た一文

「 弱虫は、幸福をさえおそれるものです。綿で怪我をするんです。幸福に傷つけられる事もあるんです。傷つけられないうちに、早く、このまま、わかれたいとあせり、れいのお道化の煙幕を張りめぐらすのでした。 」
葉蔵が転げ込んだ子持ちの女性の先で葉蔵が思ったことですが、今まで不幸な生活を続けた葉蔵だからこそ感じる不幸なものが幸福な人間を傷つけてはイケナイという自己犠牲から出た言葉でした。

弱虫=葉蔵は今まで自分が数多くの人を不幸にしてきたからこそ、この幸せが怖かった。 そう思うと、彼の人生って本当に可哀想な人生ですよね……。


アナタも一冊読んでみない?

好きな人、嫌いな人で大きく評価が別れる小説だと思います。 小生は好きですが。

でもさあ、読書感想文とかには絶対に向かねぇよなぁって思うんです。

子どもがね、この小説読んでどう思うんだろうって?
「 雪国 」も文学小説の顔をかぶったエロ小説だったし、この小説だってアル中とヤク中がでてくるし、左翼がーとか、自殺がーとかネガティブ過ぎ!

でも大人になって読んでみると、この作品の良さがわかるんです。


まだ読まれたことが無いという方は、ぜひご一読されてみてはいかがでしょうか?


作者について

太宰 治 昭和11年最初の作品集『晩年』を刊行。 昭和23年に玉川上水で入水自殺。

彼の死は多くの人に衝撃を与えた。 代表作に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』などがある。

[  関連商品  




 

 

みなさまにご挨拶

齢26歳でさまざまな諸事情のすえ、フリーライター( ニートとも言う )になったた私はとにかく本が好きだった。
どんなに忙しくても、どんなに眠たくっても、うつ病で死にそうになっている時でも、とにかく本が好きでした。

小さなころから本だけは呼んでいたこともあって、何かと食うに困りつつもフリーライターとして生活ができているのは、ひとえに本のおかげです。

そんな私がとにかく読んだ本のレビューを勝手に書き連ねたいという目的と多少のアフィリエイト報酬が入ればいいな!という打算の上に運営されているサイトが

『 大人の読書感想文 』でございます。

誤字脱字、主義主張、自分勝手な近況報告などありますが、どうか生ぬるい目で見守ってくださると助かります。

それから、このサイトを見た先見の明がある出版社の方!

そう、あなた。

金さえくれればいい仕事しまっせ!
ええっ!コラムデビュー!?

……こんな感じでブログはじまります。




 
楽天市場
スポンサードリンク
記事検索
面白かったと思ったらポチッとね!
QRコード
QRコード
アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ